デブ線消すならオイルかクリームか?

社会人になってからは運動する事もなく、甘い物や外食や飲み会などの付き合いでカロリーの高い食事を取るようになり、
だんだんと太り始め、気がついたら太ももとふくらはぎに、デブ線ができてしまい悩んでいませんか?

会社の制服がスカートなので、ふくらはぎのデブ線が目立ってしまい、どうしても早く消したいのであれば、美容クリニックでレーザー手術による治療があります。

クリニックでは患部の深層部に熱によるレーザーを放射することで皮下組織とコラーゲン繊維の再生を促すことで皮膚が改善されていきます。

しかし、美容クリニックでは保険不適用となり、患部の様子を診ながら治療を進めていくので数回の通院や、両足で30万前後(クリニックによります)の高額な治療費が必要になってしまいます。

そこで、予算的なことを考えるとオイルやクリームを使ってみようかと思う人が多いのですね。

水分が少なく乾燥しやすい部分にできた、太ももやふくらはぎの肌に潤いを取り戻すためには保湿が大事なのです。

オイルやクリームであれば、ドラックストアで安いもので1000円以内の金額で販売していますよね。

ドラックストアではベビーオイルが保湿力が高く、乳児から大人のスキンケアに使える人気商品として数社のメーカーから販売されています。

ベビーオイルには鉱物油オイルと植物性オイルの2種があります。

デブ線消すオイルの特徴

■鉱物オイル

鉱物オイル(ミネラルオイル)は、石油から不純物を取り除き合成、精製された高純度な油成分なので、化粧品クリームや医薬品の軟膏剤などに使われているほど体に安全なものといえます。

特徴としては、浸透性がないので皮膚に吸収されず、皮膚表面にとどまり油膜を張って水分蒸発による乾燥を防ぎ、外部刺激から皮膚を保護する働きがあるのです。

油分が皮膚との摩擦による負担を抑えるため、おもにクレンジングオイルとして使用する人が多いのですね。

しかし油分の多いオイルは、保湿を保つ力が強いため必要以上に皮膚の油分が取れてしまうので、乾燥肌や皮膚トラブルがおきてしまうことがあるので、付け過ぎないようにしてください。

■植物性オイル

植物性オイルは、自然植物のホホバやオリーブ、アーモンドなどの木の実や種を注出して化粧用に精製された皮膚に安全なものです。

自然植物には、ミネラルやビタミンが豊富に含まれているため血行を促し、皮膚の酸化や老化を防ぐことができるのですね。

特徴としては、刺激性が少なく皮膚の真皮まで浸透しやすく、保湿力にも優れているため傷ついた皮膚を修復することができます。

しかし植物成分の油は酸化しやすいため保存方法に注意しなければいけません。

クリームとオイルの違い

クリームもオイルと同じ主成分でつくられ、機能的に同じ保湿効果が期待できます。、

クリームは天然由来の乳化剤で水と油を混ぜてつくられたものです。

オイルのべたつきが苦手ならば、やわらかタイプのクリームがよいでしょうね。

しかし価格の安いものは配合されている成分が異なり、保湿力を高める植物成分が含まれていないので、多少お値段がかかっても品質の安全性にこだわった本物の商品をお求めになった方が良いでしょう

デブ線はダイエットすれば消すことができる?

社会人生活もなれてきたものの、運動を全く数年行なわなかったために、体重が増えたことで太り、デブ線が太ももやふくらはぎにできてしまう人は多いです。

太ももとふくらはぎにデブ線があると、ショートパンツをはけなければスカートも着れません。名前のとおりデブの象徴みたいな線なので、恥ずかしいですよね。

デブ線を消したいですよね。

そのため、ダイエットをはじめようと考える人は多いのですが、本当にやせるとデブ線を消すことなんてできるのでしょうか!?

結論から言うとダイエットしても、デブ線は消える訳ではありません。
デブ線ができるのは太ったことで、皮膚が引っぱられ切れてしまったことが原因なのです。

痩せるとデブ線が消えると思っている人は多いのですが、ダイエットして痩せても、一度切れてしまった皮膚は元にもどることはありません。

デブ線を治すことはできない。しかし治ったようにはできる

デブ線を治すことはできないですが、見た目上は治ったようにすることはできます。

からだになぜ線が入っているように見えるのかと言うと皮膚の切れ目ができたことによって、皮膚ががたがたとなっているため、線が入っているように見えるのですね。

そのため、がたがたになった肌をきれいに整えることで、見た目上はうすくすることができるのですね。

がたがたになった肌を整えるために大事なのは保湿をすることです。

傷ついた皮膚がターンオーバーの働きで押し上げられることで、表皮の角質層で少しずつ排出され、新しい皮膚がつくりあげられることでデブ線がだんだんと薄くなっていくのです。

保湿をすることで肌の細胞が生まれ変わる働きであるターンオーバーを促進させることができ、皮膚の生まれかわり(28日周期)が正常に働くことで、なめらかな肌を作りだすことができるのですね。

専用のボディクリームが販売されているので、毎日ケアを行なうようにしましょう。

治すことはできないですが、見た目的には消すことができるのです。

デブ線消すクリームはどんなもの?

保湿クリームであれば、どれでも良いというわけではありません。

デブ線(肉割れ)専用のが販売されており、そういったクリームには細胞を活性する成分が配合されいます。

保湿成分と共に皮膚の細胞を促す効果があるのですね。

小さいドラッグストアには販売されていないことが多いです。

大きい場所へ行けば安いものでは1000円から2000円前後のお値段で、購入することができます。

ただ、こういった安いクリームだと保湿成分は配合されているものの、皮膚の細胞を促す成分があまり配合されておらず、予防としての効果は高くとも、すでに線ができた人にはあまり効き目がないものも多いです。

そのため、きちんと評判などを確認して、すでにデブ線が入っている人が改善する効果があらわれているのかなどを、確認してから購入した方が良いです。

デブ線を消す人気のクリーム

デブ線を消すクリームといってもどんな成分が配合されているのか分からない人も多いかと思います。

このサイトではデブ線を消すのは可能なのかについて色々な疑問をお答えしていますが、どんなクリームが良いかについては触れていません。デブ線用クリームといっても人気のもいくつかありますし、実際に使っていないわたしがどれを使うと良いなんていい加減なことは言えません。

人気のクリームを3つ実際に使い比べて効果があったのをランキングにして紹介している方がいるので、どんなクリームを使うと良いかはそちらを参考にして頂ければと思います。

成分などからどのクリームがおすすめなんてことであれば私も言うことはできますが、実際に使ってみないとわからない部分も多いです。誰にでも効き目がある完璧な化粧品なんて存在しないですからね。

なんで、実際に使い比べてみた人の話を聞いてみるのが一番かと思います。

今、圧倒的人気となっている「ノコア」「プリモ」「ベルタマザークリーム」の3つのクリームを実際に使った体験談が紹介されているので、参考にすることができると思います。わたしも見ましたが知識的な部分も間違ってなく、非常に良くできているサイトだと思います。

肉割れクリームランキング

足にできたデブ線は消えないの?薄くはできるの?

太ももとふくらはぎに、無数のデブ線ができたら消したいと思う人は多いです。しかし、一度出来たデブ線が治るなんてことはありません。

ただ、デブ線を治すことはできませんが、目立たないように薄くすることはできます。日本語って難しいですよね。一度できたら治るなんてことはないので、あきらめてしまう人も多いです。

完全に修復ができないことと薄くすることができないのを間違えてしまっているのですね。

大事なのは目で見て線が入っているか入っていないこと。皮膚の中が切れていようが見た目では見えないのなら問題ないはずです。切れていてもからだに害がある訳でもなんでもないですからね。

消える切り傷もあるのに、なぜデブ線はなぜ消えないのでしょうか?そこで、デブ線が消えない理由と薄くできる方法を聞いてみました。

デブ線は消えないけど薄くできる

由香里:美咲。太ももとふくらはぎにできちゃたデブ線が自然に消えるってことはないの?

美咲:そうね。おばあちゃんになったら、シワで見えなくなっているかもよ。

由香里:そんな~

美咲:足指の指幅に合わない小さめの靴だと足の血行が悪くなって、足が乾燥しやすくなるからデブ線ができてしまうのよ。皮膚は新陳代謝によって、古い皮膚があたらしい皮膚と生まれ変わっているの。目に見えているのが表皮の面で、その奥に真皮があるんだけど、皮膚が乾燥して急に皮膚が切れてしまうと、細胞が傷ついて新陳代謝ができにくくなってしまうの。それに表皮より真皮のほうが新陳代謝が遅いから、跡がなかなか消えないのよ、

由香里:そうか、真皮の新陳代謝が遅いから跡が残って消えないのね。じゃどうしたら薄くできるの。

美咲:保湿力のあるもので、細胞を修復してあげれば、新陳代謝もあがりやすくなるわよ。

由香里:でもわたし、保湿力のあるものって言われてもどんなのかよくわからないわ。

美咲:ヒアルロン酸やビタミンC誘導体などが含まれているものがいいわね。ヒアルロン酸には水分を溜める力をもっているから、肌に弾力を与えて乾燥しないように防いでくれるし、それに弱った細胞を修復することもできるのよ。またビタミンC誘導体は、ビタミンCを浸透しやすくしたものだから、抗酸化作用があって肌の老化を防いだり、コラーゲンを促して、細胞も治しやすくしてくれるのよ。

由香里:じゃ、ヒアルロン酸やビタミンC誘導体が含まれているといいのね。

美咲:そうよ、細胞が修復されれば、新陳代謝が正常に働いてくれるから、デブ線が徐々に薄くなっていくのよ。

由香里:なるほど、だから切り傷の跡が、あたらしい皮膚細胞に押し出されて無くなるわけね。

デブ線を消したいなら

デブ線は皮膚の奥から表面の表皮に向かって切れているのです。

皮膚の奥にある真皮の細胞を傷つけてしまうと、ターンオーバーの速度がかなり遅くなってしまうのです。

そこで真皮の細胞を修復できるようなものが必要になります。

保湿力のあるもので細胞が修復されると表皮や真皮のターンオーバーが正常化され、デブ線を徐々に薄くできるのです。

デブ線ができる原因は急激に太ることが関係していた

太ももとふくらはぎに、赤や紫や白のデブ線が無数にできてしまったので、薄くしたいなんてことはありませんか!?
しかし、妊娠もしていないのになぜ出来てしまったのでしょう?

デブ線を薄くするのならば、原因を理解しなければ肌のメカニズムを理解できず、再びデブ線ができてしまいます。
治すのであれば原因を把握して、治療しながら予防をしていかなければ、効果があらわれないなんてことにもなりかねないです。

ここではデブ線の原因について紹介していきます。

デブ線の原因はただ太るからではない

由香里:綾子。太ももとふくらはぎにできたこれってデブ線だよね、なんでできちゃたのかな?原因を教えて!!

綾子:それで、黒のストッキングを履いているのね。原因は急激に太ったから足に脂肪がたっぷり付き過ぎて、皮膚が伸び気ってしまい切れてしまったのよ。言いづらいけど由香里少し太ったよね!?

由香里:じゃあ、太ったからできたのね。

綾子:太ったことが関係はしているけど、急激に太るのが駄目なのよ。特に社会人になると運動することがないし、残業や飲み会、夜遊びで夜更かしがつづくと、寝不足になってしまうよね。寝不足になると、皮膚のコンディションが崩れて、弾力性が失われ切れやすい状況になってしまうの。就職してからは歩く量も減って、仕事中は座りぱなしだから足を組んだり、寝不足になったりしていない。

由香里:あたってるかも!でも足を組むとなぜいけないの?

綾子:足のリンパが圧迫されて血流が悪くなると、むくんで細胞間に水分が溜まりやすくなって足がむくんだり太ってしまうことも原因のひとつね。仕事の合間をみて軽く屈伸を、するだけでも血行がよくなるのよ。

由香里:たしかに~靴のサイズが大きくなっていたし、できるべきできたって気がしてきました。ちょとずつ改善していこうと思います。綾子ありがとう。

デブ線の原因についてのまとめ

デブ線の原因は急激に太ったことです。階段を上がったり少し運動をするだけでも変わってくるので、今後はちょとずつでも体を動かすことを考えた方がよいでしょう。

たまに一駅隣の駅で降りて歩いて帰るだけでも全然変わってきます。
デブ線の原因を探しているようなので、おそらくすでに線ができているのではないでしょうか!?

そうでしたら、以前のような不規則な生活や摂取カロリーの見直しを考えなければどんどん皮膚が切れてしまい数も増えていきます。
しかし、過度の食事制限で急激に痩せてしまうと、皮膚が縮小に追いつかないのでたるんでしまいます。

適度に体を動かしながら正しい治し方で、予防も同時におこないつつ改善していきましょう。

デブ線は表皮の内側にある真皮のコラーゲン繊維を切り放しながら、毛細血管の近くまで深く断裂してしまい、切り放された部分からは水分が蒸発してしまうので、皮膚が乾燥して硬くなってしまうのです。

真皮まで断裂してしまったのですから、時間をかけて保湿ケアをしなければいけません。
正しい、デブ線の治し方をまだわかっていない方はデブ線の治し方をご覧下さい。

デブ線の予防をするなら保湿と生活習慣の改善が必要

太ももとふくらはぎのデブ線は、体が急に太って皮膚の内部が切れてしまった跡です。

皮膚の深いところまで切れてしまうと、医術でも完全には治せません。

そんなデブ線が太ももとふくらはぎや別の場所などにも、再度出来てしまわない様にするには予防が必要です。

そのため、どうしたら予防できるのか早速聞いてみました。

デブ線の予防には保湿が大事

由香里:綾子。デブ線がまた太ももとふくらはぎや別の場所にもできないように、予防しておきたいんだけど、どうすればいいの?

綾子:基礎代謝をあげて太りにくくしたり、肌が乾燥しないように保湿しとけば予防になるわ。基礎代謝をあげるには、ウォーキングでもして筋肉量を少し増やせば、血液の循環がよくなって体脂肪が、燃焼しやすくなるから太り難くなるし、それに肌の新陳代謝もあがるから予防できるの。

由香里:じゃ運動して、代謝をあげれば予防できるね。

綾子:そうよ。それにデブ線は乾燥に弱いから、保湿しておけば予防できるわ。だから、オイルやクリームでボディマッサージするといいのよ。肌が柔軟になり、保湿成分が浸透するからターンオーバーが促進されるの。でも石鹸は、汚れだけではなくて皮脂もある程度落としてしまうから、お風呂上りには必ずじゅうぶんな量の保湿剤でケアしておかないとだめよ。それにエアコンは室内の水分を吸い取ってしまうから、肌の乾燥を防ぐためにも加湿器があるといいわね。

由香里:そうか、保湿も一緒にしておかないと予防できないのね。でも、どんなものを使うといいの。

綾子:専用のクリームがあるから、それを使うといいよ。

由香里:じゃさっそく探してみるね。綾子ありがとう。

デブ線を予防するには生活習慣の改善も必要

デブ線が繰り返し出来ないようにするには、予防しておくことが大切です。予防に必用となるのはしっかりと保湿をすることと日々の生活習慣の改善が必要となります。

長い時間の立ち仕事や、デスクワークなどの座りぱなしの仕事だと、足の血流が悪くなり浮腫んで、下半身が太りやすくなってしまうのです。

しかし運動不足で基礎代謝が落ちてしまうと、がんばってダイエットしても痩せにくいのです。
基礎代謝をあげる有酸素運動をすることで、太り難い体になるのでデブ線を予防できるのです。

また、寝不足やストレスなどで血行不良なると、皮膚の保湿力も落ちてしまい乾燥肌になってしまいます。

目覚めの良い睡眠を取り、カラオケでストレス解消するのもいいでしょう。
そして普段からボディケアを、おこなっていればデブ線の予防になります。

保湿成分の高いものが含まれているクリームで、ケアしておくことで肌が柔軟になり潤ってくるのです。
そしてボディマッサージすることで、血行がよくなりターンオーバーが促されるのです。

普段から保湿クリームで肌を柔軟にしておくことが、予防や改善になるのです。