デブ線の予防をするなら保湿と生活習慣の改善が必要

太ももとふくらはぎのデブ線は、体が急に太って皮膚の内部が切れてしまった跡です。

皮膚の深いところまで切れてしまうと、医術でも完全には治せません。

そんなデブ線が太ももとふくらはぎや別の場所などにも、再度出来てしまわない様にするには予防が必要です。

そのため、どうしたら予防できるのか早速聞いてみました。

デブ線の予防には保湿が大事

由香里:綾子。デブ線がまた太ももとふくらはぎや別の場所にもできないように、予防しておきたいんだけど、どうすればいいの?

綾子:基礎代謝をあげて太りにくくしたり、肌が乾燥しないように保湿しとけば予防になるわ。基礎代謝をあげるには、ウォーキングでもして筋肉量を少し増やせば、血液の循環がよくなって体脂肪が、燃焼しやすくなるから太り難くなるし、それに肌の新陳代謝もあがるから予防できるの。

由香里:じゃ運動して、代謝をあげれば予防できるね。

綾子:そうよ。それにデブ線は乾燥に弱いから、保湿しておけば予防できるわ。だから、オイルやクリームでボディマッサージするといいのよ。肌が柔軟になり、保湿成分が浸透するからターンオーバーが促進されるの。でも石鹸は、汚れだけではなくて皮脂もある程度落としてしまうから、お風呂上りには必ずじゅうぶんな量の保湿剤でケアしておかないとだめよ。それにエアコンは室内の水分を吸い取ってしまうから、肌の乾燥を防ぐためにも加湿器があるといいわね。

由香里:そうか、保湿も一緒にしておかないと予防できないのね。でも、どんなものを使うといいの。

綾子:専用のクリームがあるから、それを使うといいよ。

由香里:じゃさっそく探してみるね。綾子ありがとう。

デブ線を予防するには生活習慣の改善も必要

デブ線が繰り返し出来ないようにするには、予防しておくことが大切です。予防に必用となるのはしっかりと保湿をすることと日々の生活習慣の改善が必要となります。

長い時間の立ち仕事や、デスクワークなどの座りぱなしの仕事だと、足の血流が悪くなり浮腫んで、下半身が太りやすくなってしまうのです。

しかし運動不足で基礎代謝が落ちてしまうと、がんばってダイエットしても痩せにくいのです。
基礎代謝をあげる有酸素運動をすることで、太り難い体になるのでデブ線を予防できるのです。

また、寝不足やストレスなどで血行不良なると、皮膚の保湿力も落ちてしまい乾燥肌になってしまいます。

目覚めの良い睡眠を取り、カラオケでストレス解消するのもいいでしょう。
そして普段からボディケアを、おこなっていればデブ線の予防になります。

保湿成分の高いものが含まれているクリームで、ケアしておくことで肌が柔軟になり潤ってくるのです。
そしてボディマッサージすることで、血行がよくなりターンオーバーが促されるのです。

普段から保湿クリームで肌を柔軟にしておくことが、予防や改善になるのです。

コメントは受け付けていません。