デブ線ができる原因は急激に太ることが関係していた

太ももとふくらはぎに、赤や紫や白のデブ線が無数にできてしまったので、薄くしたいなんてことはありませんか!?
しかし、妊娠もしていないのになぜ出来てしまったのでしょう?

デブ線を薄くするのならば、原因を理解しなければ肌のメカニズムを理解できず、再びデブ線ができてしまいます。
治すのであれば原因を把握して、治療しながら予防をしていかなければ、効果があらわれないなんてことにもなりかねないです。

ここではデブ線の原因について紹介していきます。

デブ線の原因はただ太るからではない

由香里:綾子。太ももとふくらはぎにできたこれってデブ線だよね、なんでできちゃたのかな?原因を教えて!!

綾子:それで、黒のストッキングを履いているのね。原因は急激に太ったから足に脂肪がたっぷり付き過ぎて、皮膚が伸び気ってしまい切れてしまったのよ。言いづらいけど由香里少し太ったよね!?

由香里:じゃあ、太ったからできたのね。

綾子:太ったことが関係はしているけど、急激に太るのが駄目なのよ。特に社会人になると運動することがないし、残業や飲み会、夜遊びで夜更かしがつづくと、寝不足になってしまうよね。寝不足になると、皮膚のコンディションが崩れて、弾力性が失われ切れやすい状況になってしまうの。就職してからは歩く量も減って、仕事中は座りぱなしだから足を組んだり、寝不足になったりしていない。

由香里:あたってるかも!でも足を組むとなぜいけないの?

綾子:足のリンパが圧迫されて血流が悪くなると、むくんで細胞間に水分が溜まりやすくなって足がむくんだり太ってしまうことも原因のひとつね。仕事の合間をみて軽く屈伸を、するだけでも血行がよくなるのよ。

由香里:たしかに~靴のサイズが大きくなっていたし、できるべきできたって気がしてきました。ちょとずつ改善していこうと思います。綾子ありがとう。

デブ線の原因についてのまとめ

デブ線の原因は急激に太ったことです。階段を上がったり少し運動をするだけでも変わってくるので、今後はちょとずつでも体を動かすことを考えた方がよいでしょう。

たまに一駅隣の駅で降りて歩いて帰るだけでも全然変わってきます。
デブ線の原因を探しているようなので、おそらくすでに線ができているのではないでしょうか!?

そうでしたら、以前のような不規則な生活や摂取カロリーの見直しを考えなければどんどん皮膚が切れてしまい数も増えていきます。
しかし、過度の食事制限で急激に痩せてしまうと、皮膚が縮小に追いつかないのでたるんでしまいます。

適度に体を動かしながら正しい治し方で、予防も同時におこないつつ改善していきましょう。

デブ線は表皮の内側にある真皮のコラーゲン繊維を切り放しながら、毛細血管の近くまで深く断裂してしまい、切り放された部分からは水分が蒸発してしまうので、皮膚が乾燥して硬くなってしまうのです。

真皮まで断裂してしまったのですから、時間をかけて保湿ケアをしなければいけません。
正しい、デブ線の治し方をまだわかっていない方はデブ線の治し方をご覧下さい。

コメントは受け付けていません。